70%の力で


9月8日(木)山口県周防大島町佐連

瀬戸内海国立公園「佐連山」

佐連山登山道の整備を行いました。

※画像をクリックすると拡大表示します。

佐連山登山ルート

どの山の登山ルートも麓に近い耕作放棄地がとくに荒れています。

草刈りの様子

山の中は木が大きく茂り、草はほとんど生えていません。

作業の様子

戦争遺構「探照灯台座跡」周辺の草刈りをしていた時に事件が起きました。

探照灯台座跡

木を切っていたら突如スズメバチが襲ってきたのです。

このルート一押しの美ゅーポイント

「スズメバチ」という声と同時に作業していたメンバーは目にも留まらぬ早さで散ったのです。

佐連山戦争遺構「発電所跡」

100%の力で作業していたら逃げ遅れて刺されていたかもしれません。

私が野外活動を始めた頃に先輩から「活動は70%の力で行い、残りの30%は不測の事態のためにとっておくこと」と教わりました。

野外活動では何が起きるか分かりません。

日頃から、「100%の力」を高めておくことが必要です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする