瀬戸内の女王


8月30日(火)山口県周防大島町「大島アルプス」

大島アルプスにある4座の中で一番北側に位置する「頂海山」(標高454m)の踏査・整備を行いました。

※画像をクリックすると拡大表示します。

頂海山

まず2手に分かれて、2つの登山口(潮海岩屋観音登山口、鞍ヶ峠岩屋観音登山口)の草刈りをしました。

潮海岩屋観音登山口
鞍ヶ峠岩屋観音登山口

このコースは変化に富んでおり、途中40mの断崖絶壁を上り下りする所もあります。

崖を登る
ハーネスを使って安全に登る

崖を登った先には上関半島などを望む絶景が待っています。

崖の頂上
鞍ヶ峠展望地

また、そこでは日本で周防大島町屋代島と柳井市平郡島にしか生息していない「瀬戸内の女王」セトウチギボウシが今、花期を迎えています。

セトウチギボウシ
こぶ展望地から柳井を望む

崖を下るとかつては地元の人がお参りしていたのですが、今はお参りする人も無くひっそりと佇む2つの岩屋観音があります。

ガイドロープで崖を下る
鞍ヶ峠岩屋観音

東部エコツーではそこを訪れたときは必ずお参りをし、今日そして今から野外での活動の安全をお願いします。

潮海岩屋観音

今まで全く眺望が無かった頂海山山頂は、昨年周防大島町が山口県の助成を受けて木々を伐採し、少しずつ見晴らしが良くなってきています。

頂海山の山頂

頂海山山麓では今、狐の神秘さからその名が付いたといわれるキツネノカミソリが咲いています。

キツネノカミソリ

東部エコツーではこの秋、このコースを案内するエコツアーを開催する予定です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする