なかよし こよし


3月3日(木)広島県庄原市総領町

※画像をクリックすると拡大表示します。

セツブンソウ

「春を告げる花」と呼ばれるセツブンソウ

一緒に春を待ちわびて

旧暦の節分の頃に咲くことから、その名前が付いたとも言われています。

セツブンソウ

草刈りをしないと咲かない、自然と人間がうまく共存していないと咲かない花です。

セツブンソウ

子ども達は「里山を楽しむ町」としてセツブンソウを守り育てるこの町を誇りに思っています。

総領小学校壁画

道の駅のトイレの中は、一年中セツブンソウが咲いています。

道の駅トイレ

群れて咲くセツブンソウ

よ~く見ると、突然変異した花もあります。

突然変異したもの

近くには、フクジュソウ、セリバオウレン、水仙もありました。

フクジュソウ
セリバオウレン
水仙の芽


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする