アワサンゴ世界デビューに向けて


11月24日(水)山口県周防大島町「白木半島」

白木半島で国土交通省中国運輸局による地域の観光資源を活用したアドベンチャーツーリズムのモニターツアーが行われました。

※画像をクリックすると拡大表示します。

カヤックでアワサンゴを(佐連港)

これは委託を受けた(株)リベルタが欧米の旅行会社を招いて行ったものです。

泊清寺(沖家室)

このモニターツアーは「クルーザーやヨットで島々を巡り、瀬戸内海の自然や文化を体験する富裕層向け長期滞在型ツアー」を作り上げるために行われました。

カヤックの説明

今回は、泊清寺(沖家室)、カヤックでアワサンゴ鑑賞ツアー、水仙の里などを紹介しました。

つぼみのついた水仙

今日は潮位が高くアワサンゴを見ることができなかったので、プレゼンを行いました。

アワサンゴのプレゼン

外国の方ということで、英語のプレゼンに挑戦してみました。

ここアワサンゴの群生地があるのは

あいにくの強風でカヤックでアワサンゴの群生地まで行けず、佐連の港の中でカヤックの体験をしてもらいました。

カヤック体験(佐連港)

泊清寺では住職の新山さんから、沖家室の歴史や文化などを拝聴しました。

泊清寺

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする