幸せのお裾分け


4月20日(火)山口県岩国市錦町「寂地山(じゃくちさん)」

4月17日に雪のために断念した寂地山のカタクリの開花の様子を見に行ってきました。

※画像をクリックすると拡大表示します。

寂地山

今日は一人だったの寂地峡から入山し、右谷山~寂地山~冠山を縦走してきました。出会う植物の写真を撮りながらということで結構時間がかかりました。

今日のルート(カシミール3D、スーパー地形)

寂地峡からの五竜の滝を直登後、標高600m~850mまではせせらぎを聞き、いろいろな植物と出会いながら気持ちよく歩くことができます。

またこの川沿いには炭焼き釜の跡があちこちに点在しており、かつては盛んに炭の生産をしていたことがうかがえます。

炭焼き窯跡

ミノコシ峠に着くとあたりにカタクリの花が咲き乱れています。

ミノコシ峠
カタクリ

ミノコシ峠から右谷山までの縦走路もカタクリの花でいっぱいです。

右谷山頂

右谷山頂から小五郎山へと縦走が続きますが、今日はここまで。ミノコシ峠まで引き返して寂地山へと向かいましたが、今日は縦走路の両側でカタクリがかわいい花を咲かせていました。

縦走路のカタクリ

先日の残雪の側で暖かい日ざしを気持ちよく浴びているもの

残雪の横で

すでに種を付けているものもありました。

種を付けているもの

寂地山山頂は多くの人で賑わっていました。

寂地山頂

寂地山の神様に今日の山行の安全をお祈りします。

寂地の神様

その後、40年ぶりに冠山に向かいました。

冠山山頂

寂地山~冠山への縦走路にもカタクリが恥ずかしそうに咲いていました。

その後、3日前に積雪で引っ返した展望地まで足を延ばしてみましたが、あんなに積もっていた雪はすでになく、カタクリたちは気持ちよさそうに咲いていました。

展望地のカタクリ
3日前の展望地

展望地から寂地山まで引っ返し、寂地山直下のルートを下りて林道、寂地峡へと向かいました。

このルートはミヤマカタバミが群生しています。

ミヤマカタバミ

しかし、以前は多くみられていたエンレイソウが少なくなっていることに驚きました。

エンレイソウ

林道ではイカリソウに再会しホッとした気持ちになりました。

イカリソウ

今日の山行で「幸せを招く 白いカタクリ」に出会いました。

幸せを招くカタクリ

10万本に1本の割合で出現するそうで、何か良いことがありそうです~♥


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする