高嶺の花

本会のシンボルマークになっているセトウチギボウシ

※画像をクリックすると拡大表示します

シンボルマーク(セトウチギボウシ)

シンボルマーク(セトウチギボウシ)

1300万年前の瀬戸内火山帯の噴火でできた集塊岩の絶壁で今を盛りと咲いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セトウチギボウシ

セトウチギボウシはこの海域でしか見ることのできない絶滅危惧種です。

その側では繁殖期を終えたイワギリソウがホッとした姿を見せています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

繁殖期を終えたイワギリソウ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする