エコツアー資源の宝庫


8月24日(水)山口県周防大島町「大水無瀬島」

伊予灘に浮かぶ「大水無瀬島」(瀬戸内海国立公園の第1種特別区域に指定)はエコツアーの魅力満載の島です。

※画像をクリックすると拡大表示します。

大水無瀬島

周囲4km、島の一番高い山「大水無瀬山」は標高230mの小さな島です。

上陸

所有者に許可を得て上陸します。

赤岩(中央に見える島はダッシュ島)

島の南部の赤岩には今から65年前に人が住んでいましたが、今は無人島で、唯一の住人はサルです。

家ノ前(サルの頭蓋骨)

この度、周防大島町の依頼で猿害の調査に京都大学が上陸しました。

調査チームは環境省の許可を得てカメラを設置し、貴重な影像を撮ることができました。

※下記の画像は環境省の許可を得て撮影されました。

提供:花村俊吉、周防大島町

サルもですが、国の天然記念物の「カラスバト」も初めて動画に収めることができました。

提供:花村俊吉、周防大島町

これらのことからも大水無瀬島は貴重な自然を有しているといえます。

その他、戦争遺構、住居跡など数々の瀬戸内の歴史や文化を今に物語る島です。

海軍指揮所跡
アコウ(山口県の天然記念物)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする