次代につなぐ試み


3月24日(水)山口県周防大島町横見

先日、南畑山(みなみはたやま)と鋤崎(すきざき)の2つの山の鞍部で見つけた「大峠八幡宮」、横見からの登り口を横見区長の斉藤さんに教わりました。

山中にひっそりと佇む祠
南畑山(右)

この大峠八幡宮までの往還道は今から30年くらい前までは地元のシニア会で整備し、毎年地域の子どもたちを連れていって、謂われなど祖先が守り伝えていたことを教えていたそうです。

登り口

その後、高齢化、少子化などで行われなくなり山道は荒れてしまいましたが、この度斉藤さんが山道に印を付けられました。

荒れた山道

横見地区のシニアの方々のすばらしい取組を我々シニアもお手本にしたいものです。

横見地区からの南側眺望

これから東部エコツーでは、横見~大峠~屋代までの往還道の整備し横見地区の次代に繋ぐお手伝いをする予定です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする