アコウの根の逞しさ


12月19日(土)山口県周防大島町「小水無瀬島」

周囲2kmが80mの断崖絶壁に囲まれる無人島「小水無瀬島」のエコツアーを行いました。

※画像をクリックすると拡大表示します。

小水無瀬島

巨岩がゴロゴロしている海岸を散策しました。

散策

巨岩の下に空洞があればくぐります。

山口県の天然記念物「アコウ」が根の行き場がなくなって、絶壁を這うように伸びています。

伸びるアコウの根

島を縦断しましたが、途中に真っ赤な老木「バクチノキ」(周囲3m)があります。

バクチノキ

目的地は島の北側の「観音坊主」と呼ばれる、海抜80mの絶壁です。

観音坊主

今日の観音坊主は海からの吹き上げる風で飛ばされそうです。

探検後は迎えの船を待つ間、ティータイムです。

ティータイム

帰りの船からは、ハマチの群れ(なぶら)と海鳥との格闘を目にしました。

なぶらと海鳥

日頃踏み入れることのない無人島で一日楽しんでもらいました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする