子宝に御利益


10月7日(水)山口県周防大島町「頂海山山麓」

※画像をクリックすると拡大表示します。

川地側から望む頂海山(ちょうかいざん)

かつて海岸道路がなかった頃に使われていた、周防大島町屋代「川地」から「日見」までの鞍ヶ峠越えの往還道を踏査しました。

今日のルート

川地~鞍ヶ峠までのルートは1年半ぶりに訪れたので、倒木などを除去しながら進みます。

倒木の除去

鞍ヶ峠~日見までは5年前に踏査したきりなので竹林に行く手を遮られましたがやっと日見側の登山口にたどり着きました。

日見側から望む頂海山

日見では「日見の大仏様」にお参りしました。

日見の大仏様

日見の大仏様が安置されている西長寺の奥に「奥の院」があります。

西長寺奥の院

ここに安置されている「岩屋十一面観音菩薩」には子宝を授けるという御利益があり、お参りして子宝に恵まれた方がお礼に置いた赤ちゃんの人形がずらっと並んでいます。

ずらっと並んだ人形

その後、鞍ヶ峠まで戻り、次々に現れる集塊岩の山にで遊びました。

集塊岩を登る

集塊岩は次のようにして下ります。

次々に現れる集塊岩をはしごを使って登り下りします。

下る

そして、次々に現れる展望を楽しみます。

鞍ヶ峠岩屋観音にお参りしました。

この近くには先人が築いた石組みが多くあります。

あぶち
水路口

今日の踏査でほとんど道が痛んでいなかったので、近いうちにツアーを行う予定です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする