水仙の里づくり


6月20日(土)山口県周防大島町地家室

アワサンゴを育む地蔵ヶ浦「水仙の里」

※画像をクリックすると拡大表示します。

上記の看板のデザインは段々畑づくりに参加したボランティアの方に作ってもらいました。

今日は風があったので野焼きはやめて、草刈りや水槽水抜き、水路の清掃などを行いました。

草刈り

草刈りはチップソーとロープで行います。

草刈り

するとうっそうとした草むらから見る見る間に石組みの段々畑が現れました。

段々畑の石組み

昨日までの大雨で近くの水路は葦の茎などが塞いでいました。

水路の整備

今日の助っ人の小型重機が大きな伐り株を取り除いてくれたり水仙畑を作ったりしてくれました。

助っ人のミニショベルカー

来春には可愛い花を付けた水仙が顔を見せてくれることでしょう。

水仙の段々畑(イメージ図)

貯水槽は水を抜いた状態は見たことはないので、どれくらい深いのか、何が入っているのか分からない、未知の世界です。

貯水槽と排水ポンプ

ここで水中ポンプが大活躍です。

「マスを飼おう」「スイレンは?」「メダカは?」「ビオトープ?」参加者が口々に、夢が広がります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする