地蔵の花園(周防大島町白木半島)


4月24日(金)山口県周防大島町地家室

東部エコツーでは今年度、周防大島町白木半島にある「ニホンアワサンゴ群落」を育む山の耕作放棄地を整備しています。

※画像をクリックすると拡大表示します。

白木半島

周防大島町白木半島

ここは「沖家室島」の対岸の「地家室」と「佐連」の集落の間にある以前地蔵小学校があった「地蔵ヶ浦」という場所です。

1;5000

この沖に「日本一のニホンアワサンゴの群生地(群落)」があります。

地蔵け浦

地蔵ヶ浦

今月14日の作業で道路沿いのカイヅカがなくなりました。

経過

14日の作業状況

そして、今日24日の作業で3段目までがはっきり見えるようになりました。

Beafore After

24日の作業状況

防風林は道路に倒れないようにロープで引っ張ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロープで引っ張る様子

防風林を次々と切り倒します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

するとみかん畑が露になってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

露になったみかん畑

途中、タツナミソウの群生地がでてきたので、ここはこのまま育てることにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タツナミソウ

今日は南から強風が吹き荒れたので地蔵ヶ浦には白波が立っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地蔵ヶ浦

その強風ため、地蔵ヶ浦の後ろにある山のアベマキの若葉は風にあおられて、ひっくり返って白い葉の裏を見せていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白く見えるアベマキの若葉(上)

白く見えるのはアベマキの葉の裏には産毛のような白い毛が生えているからです。

この整備した所は四季を通じて楽しめる花園にします。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする