人間は歴史的な存在


4月18日(土)

約10年前に亡くなられた私の野外活動の恩師の墓参に行ってきました。

※画像をクリックすると拡大表示します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先生から教わったことは、今の私の野外での活動の考え方や行動の基礎となっています。

その中の一つに「現在中心主義の功罪」として、「過去と未来から切り離された現在を生きることの限界と功罪がそこにある。」とあり、これは東部エコツーが今取り組んでいるエコツーリズムと共通していることです。

東部エコツー

このことは、ドイツの哲学者ハイディガー(1889~1976)が「人間は歴史的な存在なのだ。過去があって未来が来る。その流れの中で位置づけられる。」と述べています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その他、教員であり長い間社会教育に携わった先生は、『「基礎基本の徹底」には「指導」を、そして「生きる力の育成」には「支援」を、そして「指導」と「支援」の調和を図ること』と「文人語録」の中で述べられています。

このことは、家庭・学校(幼~大)・社会教育ならびに様々な人を育てることに携わっている者にとっては忘れてはならないことの一つではないでしょうか。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする