平郡島縦走路の踏査及び整備


2月6日(木)山口県柳井市平郡島

平郡島縦走路の整備を行いました。

※画像クリックすると拡大表示します

平郡縦走

朝7:00対岸の周防大島町片添港を平郡西に向けて出港しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平郡島

平郡西の集落から長深山を目指します。

長深山中腹の鶴甫(つるぼ)の展望台からは今日ははるか遠くに九州の由布岳、鶴見岳が見えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鶴甫展望台からの眺め

もう一つ、ここには目を見張る段畑石組みがあります。

登山道に生息するユフノハナワラビも最近かなり減ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これも環境の変化が原因でしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ユフノハナワラビ

長深山、深山と縦走し、途中寄り道をして紅岩まで200m下ります。

紅岩からは周防大島の絶景を望むことができますが、今日は生憎の曇り空でした。

その後、大滝山、大嶽と縦走します。

大嶽からは眼下に平郡東の集落、今日は遠く四国の石鎚山が見えました。

その後は大嶽の直下の大壁を仰ぎながら、平郡東の集落に下りていきます。

このルートは途中、戦争遺構を見ることができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

発電所のタービンを冷やすため水槽

その後、平郡東にそびえる大嶽に別れを告げて、片添港に帰港したのは17:30でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大嶽

今日の踏査でも、山道は1年に1回すれば維持できるということが分かりました。

また、平郡に生息する希少種・セトウチギボウシの生息地は笹が進出し、生息域が狭まっていることが確認できました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

枯れたセトウチギボウシ

また、セッコクがかわいい実をつけているのを見ると少し安心しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セッコク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする