ワイルド好きにはたまらない!

9月25日(水)山口県周防大島 大島アルプス「鞍ヶ峠」

鞍ヶ峠展望地に群生しているセトウチギボウシを観察しに行きました。

まずは夏草に覆われていた登山口の看板を救出しました。

※画像をクリックすると拡大表示します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

看板の救出

途中、先日の台風17号による倒木を除けながら進みます。

山道ではアケボノシュスランのかわいい花が疲れた体を癒してくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アケボノシュスラン

おもしろ半分にいつものコースを外れていくと、突如目の前に現れた集塊岩の絶壁。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

集塊岩の絶壁

これを登らない選択肢はないということで、岩間をはい上がり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩間

崖っぷちを渡り、とうとう新ルートを見つけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

崖っぷちを渡る

しかし、まだここにはゲストを連れて来れるほど安全は確保されていないので、後日はしごやザイルを設置してワイルド好みのゲスト用のコースにすることにしました。

残念ながら鞍ヶ峠展望地のセトウチギボウシの花期は終わっていましたが、360度びゅーが楽しめるように切り開きました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする