牛飼いの島

山口県柳井市平郡島の山の尾根を西~東へ歩くと

平郡

いたるところに自然石を並べた境や加工した石を組んだ境などが見られます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自然石の境

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

加工した石の石組み

これらは戦前、牛を放牧した際の囲いの跡だそうです。

そのころの島の主な産業は牛飼いといわし漁だったそうです。

瀬戸内海東部海域を見渡せる山の稜線にある緑の牧場に放たれた平郡牛、さぞ見応えのある景色だったでしょうね。

ぜひ再現したいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする