山頂の祠に誘われて

4月6日(土)国見岳(熊本県、宮崎県)

※画像をクリックすると拡大表示します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

国見岳山頂

国見岳山頂の景色に誘われて登ってみました。

国見岳は九州山地の中央部に位置し、標高1739mで熊本県の最高峰です。

九州の山々

九州本土では祖母山1756m、市房山1721mとならぶ屈指の高峰ですが、九州の秘境と呼ばれるほど交通の便が悪い地域に位置します。

国見岳登山g

今日のルート

五家庄平家の里から林道を小一時間走ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レスキューポイント

途中に数ヶ所レスキューポイントが設置されていて、この山の険しさをうかがい知ることができます。

この国見岳でも昨日の登った市房山同様1500m以上の標高でブナの立ち枯れが見られます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブナの立ち枯れ

国見岳や烏帽子岳山頂近くにはシャクナゲの大群生がありましたが、今年は残念なことにつぼみがほとんど見られませんでした。

この頃から国見岳山頂では大きな音をたてて噴煙を上げている阿蘇山が見えました。

阿蘇噴火

噴煙を上げる阿蘇山

国見岳山頂付近や国見岳~五勇山縦走路では夏に白い花を咲かせるコバイケイソウが新芽をたくさん出していました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コバイケイソウ

また、ふと足元を見ると先ほどから聞こえていたキツツキのドラミングの形跡、そして上の方に目をやると幹からもそれが分かります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木くず

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナラの幹

国見岳~五勇山~烏帽子岳と縦走して登山口まで降りてきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする