自然と歴史を守るエコツアー

12月8日(土)山口県周防大島町白木半島【瀬戸内海国立公園】

佐連山戦争遺構・銅山跡を訪ねる山歩きを開催しました。

今日は今年一番の寒さでしたが、周りをアベマキで囲まれた尾根は私たち登山者を風から守ってくれます。

※画像をクリックすると拡大表示します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アベマキの小路

途中、みんなでツタなどに絞められているヤマザクラを救出しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

救出したヤマザクラ

来春はきれいな花を見せてくれることでしょう!

また、戦争遺構・発電所跡ではレンガ造りの建物を倒木から救いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

戦争遺構・発電所跡

今年はフユノハラワラビの生長が早いのでしょうか?胞子を放つ状態のものが多く見られました。

銅山跡では洞窟探検を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

銅山入り口

中では寒さにコウモリたちが冬眠に入っていたので、起さないように写真を撮って足早に出てきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冬眠中のコウモリ

松ヶ鼻では地家室海域公園を眺めながら日なたぼっこをしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

松ヶ鼻

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地家室海域公園

大きなスズメバチの巣に遭遇しましたが、この季節は大丈夫です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スズメバチの巣

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする