貴重な戦争遺構が危うい!

11月24日(土)山口県周防大島白木半島

12月8日に実施予定のエコツアー周防大島・佐連山「戦争遺構・銅山跡を訪ねる山歩き」の踏査を行いました。

※画像をクリックすると拡大表示します。

佐連山戦争遺構

麓から眺める今日の佐連山は、真っ青な秋の空と紅葉した木々の色がとてもきれいでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

佐連山

佐連山右のアベマキの尾根はいつも心地よく歩くことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アベマキの尾根

戦争遺構のレンガづくりの発電所跡ではすぐそばの大木が倒れ、もう少しで貴重な戦争遺構が崩れるところでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レンガづくりの発電所跡

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

波の模様のある海軍標石

これから冬山の主役・フユノハナワラビが胞子葉を立て始めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フユノハナワラビ

佐連山山頂には三角点があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

佐連山三角点

アベマキの森ではリズミカルなコゲラのドラミングが鳴り響いています。

この枝にコゲラがいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コゲラ

アベマキの森ではすでに紅葉が始まっていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

紅葉が始まったアベマキの森

大正時代に銅を採掘した主康(しゅこう)鉱山は崩壊も無く佇んでいました。

山の中腹にある承兼(しょうけん)農道に出るとすばらしい海域の景色が迎えてくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

承兼農道

今日の踏査ではに2・3箇所に竹や木の倒れたところがあることが分かりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

倒木

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

行く手を遮る竹林

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする