救済島踏査(大水無瀬島)

7月11日(水)山口県周防大島町大水無瀬島

かつて、経済的に困窮した人が生計を立て直した事から「救済島」と名づけられた島、伊予灘に浮かぶ大水無瀬島の踏査に行きました。

※画像をクリックすると拡大表示します。

大水無瀬島位置

大水無瀬島位置

この島は今から60年前に無人島となりました。

今日の踏査では下記のようなことが分かりました。

大水無瀬島踏査結果

島のツアー地図

「家の前」と呼ばれる海岸から2年ぶりに上陸です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上陸風景

踏査中に2年前にも見かけたサルの頭蓋骨がありました。

その年月を物語るかのようにコケが生えています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サルの頭蓋骨

海岸から尾根筋までがバクチノキの群生地です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

幹が赤いバクチノキ

山頂手前の尾根には太平洋戦争中の海軍の兵舎跡、探照灯跡(飛行機を照らすサーチライト)、水槽跡(発電所のタービンを冷やす)、発電所跡、聴音機跡(飛行機の音を集める)などが次々と現れます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水槽跡

今回の踏査では新たに巨大発電所跡、探照灯跡、聴音機跡を発見しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

巨大発電所跡

この探照灯台座跡は約70年ぶりにその姿を現しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台座発掘作業(探照灯跡)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

70年ぶりに姿を現した台座

下の聴音機台座跡も70年ぶりに現れました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

聴音機台座跡

山頂付近には一年中、一部の葉を黄や赤に染めるホルトノキが群生しています。

この木の名の由来は平賀源内の勘違いにあるそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

黄色い葉をつけたホルトノキ

山頂には3年前に結びつけたテープがまだ残っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂(標高230m)

その後、依然住民が使っていた井戸周りを整備したので、今から60年前に写真家・福島菊次郎さんが撮った写真と同じ画角で愛媛県の青島を望むことができました。

井戸

住民の命を繋いでいた井戸

熱中症と戦いながらの踏査でしたが、達成感、満足感でいっぱいでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

達成感溢れる?顔の皆さん

※東部エコツーは山口県東部海域のマニアックなエコツアーをお届けします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする