山本五十六が登った山

6月」14日(木)山口県周防大島町和田

山口県にある数少ない一等三角点がある山、周防大島・大見山の踏査に行きました。

※画像をクリックすると拡大表示します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大見山(中央)

大見山は周防大島町和田の集落の背後にそびえる標高336.6mの山です。

登山道は所々、木々や竹で遮られた整備登山はかなりの時間を要しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

竹退治風景

ようやく着いた山頂は、かつて山本五十六が眺めたという呉港の眺望はありませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂の一等三角点

あちこちに八十八ヵ所のお地蔵様が祀られていて、信仰の厚い土地柄を感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オカトラノウとお地蔵様

和田の沖には泊地と呼ばれる軍艦などの停泊する場所があり、停泊した軍艦から和田に多くの将校たちが上陸して、食事を摂ったり泊まったりしたそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

陸軍が利用した「中屋」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海軍が利用した所

庭にある洋館へ続く廊下はかつて山本五十六が歩いたのでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

洋館へ続く廊下

歴史のロマンを感じる町でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする