悲しい歴史

4月21日(土)大分県竹田市

祖母山から久住山に登るために移動している途中で隠れキリシタンの悲しい歴史に遭遇しました。

地元の人に案内されて、キリシタンの人々が隠れるように拝んでいたという山中にひっそりと佇んでいる「マリア様」を見たときにはとても感動しました。

※画像をクリックすると拡大表示します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マリア様

一見、尼さんに見えますが、これは見つかったときに処罰されないためにマリアと分からないようにしたのでしょう。

これがタイのアユタヤににある仏像の首のように、木の根にきつく絞められてびくともしないのでとても歴史を感じました。

近くには多くの破壊されたキリシタンの墓がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

破壊された墓

墓をよく見ると、「卍」や「十」が刻まれていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

卍が刻まれた墓石

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

十が刻まれた墓石

その方の話では、これらの墓を粗末にしたり退けたりして、そこに新しい墓を建てた家には実際に不吉なことが起きているということでした。

佐藤さんという家は、瓦にローマ字で「S A t O」と印、そのうち「t」だけを小文字にして十字を表したそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

十字を表した瓦

案内していただいた方にこれらを保存して、後世に伝えていくようにお願いしました。

また、訪れてじっくり調べてみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする