後世に伝えなければならない史実

4月19日(木)鹿児島県指宿市・南九州市

7年ぶりに訪れた開聞岳(かいもんだけ)924m

その姿から薩摩富士とも呼ばれ、今朝も朝日に照らされてそびえ立っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開聞岳(南九州市)

登山の目的の一つがこの時期、山頂付近にひっそりと咲く、珍しい白色のショウジョウバカマを見ることです。

午前中に下山し、昼からは7年ぶりに知覧特攻平和記念館に行きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

特攻平和記念館(指宿市)

早朝、前夜に着いた「かいもん山麓ふれあい公園」から出発します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かいもん山麓ふれあい公園

この山は1200年前から噴火を休んでいる休火山です。

5合目付近までは火山灰の登山道に小石が転がっていて、前回はスニーカーで登り大変苦労しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登山道の小石

火山灰の土は雨水などで浸食されやすく、深く掘れた山道に木の根がむき出しになっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

むき出しになった木の根

また、深く掘れた登山道は風通しが悪く、今年は特に連日の暑さが体を疲れさせますが、途中に咲く花々がその体を癒してくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガマスミ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マルバウツギ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アリドオシ

山の上部は安山岩の岩場に変わります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩場のはしご

この辺りから植生が変わり、アオキやマムシグサが現れます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アオキの実

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マムシグサ

そして、山頂付近にはショウジョウバカマの群生地があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ショウジョウバカマ

かつて、太平洋戦争中に知覧の飛行場を飛び立った特攻隊員は、開聞岳を旋回し本土との別れを告げたそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

特攻銅像「とこしえに」 (知覧特攻平和記念館横)

そして、開聞岳が見えなくなると、本土の家族やふるさとなどへの思いが断ち切れたそうです。

私はここに咲く白いショウジョウバカマを見ると、特攻隊員の化身ではないかと思えてならないのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ショウジョウバカマ

山頂は独立峰ならではの、360度を見渡すことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開聞岳山頂

遠く屋久島、種子島を望むことができます。

山頂近くには、「枚聞(ひらさき)神社奥の院」がひっそりと佇んで登山者の安全を見守っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

枚聞神社奥の院

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする