アベマキの尾根に誘われて!

4月2日(月)山口県岩国市

先日、山口県岩国にある錦帯橋の開花した桜を見に行って、駐車場から見上げると対岸の山の尾根に長く続く木立の隙間が目に入りました。

※画像をクリックすると拡大表示します。

アベマキの尾根

調べてみると、そこは岩国山へ続く尾根だということが分かり、歩いてみたいという衝動に駆られ、さっそく登ってみました。

岩国山登山ルート

今日の登山ルート

椎尾八幡宮を出発し、少し歩くとお目当ての尾根に到着します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アベマキの小路

思ったとおり気持ちよく尾根を歩くことができました。

この尾根からこの時期ならではの景色が見られました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木立から見える錦帯橋

これからアベマキが葉をつけると見られなくなります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木立から見える岩国城

日当たりのよい尾根にはザイフリボク、コバノミツバツツジがきれいに咲いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ザイフリボク(白) コバノミツバツツジ(ピンク)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アベマキとコバノミツバツツジ

途中、長年積まれてきた「ケルン」、大切にしてきた「最上位稲荷大神霊」があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ケルン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最上位稲荷大神霊

ハイキング気分で歩いていると岩国山につきます。

山頂に熊手があり、「掃け」ということでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩国山山頂(278m)

山頂から先に鉄塔が立っており、ここはこのルート一押しの展望地で、極東最大規模の米軍基地が正面にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩国米軍基地

来た道を引返し、途中から左に折れると、「岩国」という名の由来の巨岩「亀石」があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

亀石直下からの展望

このルート、ハイキング気分で歩くことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする