2つの岩屋観音めぐり【瀬戸内アルプス踏査】

2月11日(建国の記念日) 山口県周防大島 瀬戸内アルプス

来週2月18日(日)に行うエコツアーの踏査に行って来ました。

舞台は山口県東部海域 瀬戸内アルプスエリア。

※画像をクリックすると拡大表示します。

スケジュール(表)H30

このエリア内の源明山~嘉納山 縦走路中腹にある2つの岩屋観音を訪ねるツアーです。

周防大島にある、今から約150年前に長州藩と徳山幕府が戦った(四境の役)の戦場「笛吹峠」を8:30に出発しました。

源明・嘉納山

本日の踏査ルート

途中の林道では落ちてきている石などを撤去しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

林道の作業風景

その後、林道から分かれた薄暗い山道を登ると急に視界が開けてきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

源明山頂

山頂を過ぎ、沢まで下りるとそこには2つ目の戦場「旧源明峠」があり、四境の役の時にここで戦って亡くなった方の墓碑があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

墓碑(左側奥)

また、近くには由緒ある祠が佇んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

祠(旧源明峠)

そして、源明山~嘉納山縦走路中間点付近に今日の目的地の一つ「観畑岩屋観音」があります。

その巨岩を登ると目を見張る眺めが待っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

氷柱の残る沢を登る

巨岩の上からは大島アルプスを一望できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

観畑岩屋観音からの眺め

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

観畑観音参道の山道の整備

昼食は縦走路一押しの多島美スポットで摂りました。

今日のメニューはドライカレーと五目ごはん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昼食

昼食後、積雪の残る「嘉納山山頂」、2つ目の目的地「慶法院岩屋観音」を訪れました。」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

嘉納山山頂付近

中央の3つの観音様は弘法大師が刻まれたといわれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

慶法院岩屋観音

ここからの下山ルートはルート探しと整備とで多くの時間を費やしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登山道整備

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

行く手を遮る竹林

5時ごろには「慶法院岩屋観音」登山口に降り、無事に踏査・整備を終えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登山口

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする