瀬戸内海国立公園の保全と活用への取り組み

昨年、瀬戸内海国立公園(第二種特別地域)に編入された白木半島佐連(され)地区で、地域の保全と活用についての取り組みを下記の通り行います。

※画像をクリックすると拡大表示します。

承兼農道整備要項

現在、日本全国の地方で過疎・高齢化が進んで、さまざまな問題が生じています。
この白木半島での取り組みがうまくいき提案できればと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする