昼食争奪エコツアー(佐連山戦争遺構・銅山)

2月3日(土)山口県周防大島町佐連「瀬戸内海国立公園」

昨年、雨天のために延期していたエコツアーを開催しました。

※画像をクリックすると拡大表示します。

平成29年度

エコツアーの案内

佐連港に8時30分に集合し、まずは主催者が準備した昼食をだれがどれを食べるのかジャンケンで決めました。

佐連の家々の入り口には毎年節分の日に飾る「タラ」と「トベラ」の木で作られた魔除が新しく付けられていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

魔除の飾り

登山道のアベマキの多い尾根は暖かい日差しが降り注ぎ、アベマキの落ち葉の中を気持ちよく歩くことができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アベマキの小路

戦争遺構ではさまざまな調査を行いました。

まず、聴音機を運んだコンクリートの道を調べました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

聴音機道の調査

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

発電所遺構調査

山頂までの道には、フユノハナワラビ、ナガバジャノヒゲ、ヤブランなどが楽しませてくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナガバジャノヒゲ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フユノハナワラビ

また、イノシシの痕跡ではイノシシ談議が始まりました。

山頂では今朝みんなで争奪した昼食を無事食べ終えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

佐連山三角点で

大正時代に採掘された「松尾の銅山」では探検気分に駆られだれもいなくなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

松尾の銅山入り口

途中では瀬戸内海の景色に癒される一日でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

松ヶ鼻展望地

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

向べら展望地

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

松尾展望地

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする