伊崎山戦争遺構の調査・整備エコツアー

11月12日(日)山口県周防大島町白木半島

瀬戸内海国立公園

東部エコツー・大島支部(支部長 古屋哲夫)と夕日の会(会長 木村庄吉)によるエコツアー「伊崎山戦争遺構調査・整備」エコツアーを開催しました。

※画像をクリックすると拡大表示します。

伊崎山戦争遺構

両会員及び一般参加者合わせて16名が朝8:30、峠の茶屋に集合し出発しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

峠の茶屋

登山道を整備しながら、西山三角点、伊崎山山頂を過ぎて伊崎山戦争遺構の到着しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

国土地理院 西山三角点

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伊崎山山頂

伊崎山戦争遺構の入り口には、これから先が海軍の敷地であることを示す「海の波」を刻んだ標石があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海軍標石

伊崎山戦争遺構の全体図が山口県地方史研究に報告されています。

伊崎山戦争遺構調査

山口県地方史研究の報告

今回、これに報告されている遺構のすべての調査およびその周辺の倒木撤去などの整備を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

発電所付近の整備

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

聴音機格納用のコンクリート舗装道路の整備

参加した3名の女性には管制機周辺の調査・整備を担当してもらいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

管制機周辺の調査・整備

午後3時、本日整備した探照灯基礎を後にしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

整備した探照灯基礎

今日のエコツアーでは山口県地方史研究報告以外に発電所北側の兵舎群跡も確認しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする