平郡縦走路踏査

10月31日(火)山口県柳井市平郡島

5ヶ月ぶりに柳井市の20km南に位置する離島・平郡島の縦走路踏査を行いました。

※画像をクリックすると拡大表示します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中央(平郡島)右岬(伊崎)左岬(沖家室島)

周防大島佐連から平郡西に渡り、そこから開始しました。

縦走路2

今日の平郡島縦走路

平郡西の海岸に生息している環境省絶滅危惧種「ツメレンゲ」は塔に白いつぼみを持っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ツメレンゲ

今日踏査して分かったことですが、縦走路は平郡西、東ともに民家近くの山道が特に荒れていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平郡西登り口

平郡西の石組み段々畑跡はいつ眺めても先人の偉業には頭が下がります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平郡西石組み段々畑跡

しかし、この石組みもイノシシや防風林の張り出した根によって破壊されようとしているので保全するなら早い対応が必要だと思われました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鶴甫(つるぼ)展望地の整備

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂の草刈り

縦走路のあちこちで穂を長く伸ばしたフユノハナワラビが見られました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フユノハナワラビ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

集塊岩周辺の踏査

平郡東の大嶽からの眺めはいつ見てもすばらしいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大嶽からの眺め

登山者への情報として、大嶽の表示を付けさせてもらいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日の縦走路の踏査では、山深く入った山道は大丈夫ですが、麓近くの道は整備が必要だということが分かりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする