会則

山口県東部海域にエコツーリズムを推進する会 会則 (案)
(名称)
第1条 本会は、「山口県東部海域にエコツーリズムを推進する会」と称する。
(事務所)
第2条 本会の事務所は、山口県柳井市新庄382-3に置く。
(目的)
第3条  本会は、山口県東部海域の自然環境や歴史・文化を守り、それを後世に伝えていきたいと望む人々と協力して、当海域の豊かな自然環境や貴重な歴史・文化などを調査し、それらを活かしたプログラムを企画・運営するエコツーリズムを推進することにより、自然と人との関わりや自然再生、環境保全の大切さについて考えるとともに、人々の交流による地域活性化を促進し、山口県東部海域の魅力あふれる元気いっぱいの地域づくりに寄与することを目的とする。
(事業)
第4条 本会は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)エコツーリズム推進体制に関する事業
(2)歴史、文化の調査・整備に関する事業
(3)海中や山中の調査・モニタリングに関する事業
(4)自然再生、環境保全に関する事業
(5)エコツアーの企画・運営に関する事業
(6)エコツアーのコーディネーター、ガイドの育成に関する事業
(7) その他目的を達成するために必要な事業
(会員)
第5条 本会の会員は、次の2種類とする。
(1)正 会 員  本会の目的に賛同し、本会の運営に参加する個人
(2)賛助会員  本会の目的に賛同し、本会の事業を支援する個人及び団体
(入会)
第6条  会員として入会しようとする者は、入会申込書を会長に提出し申し込むものとする。
(会費)
第7条  会員は、以下に定める会費を納入しなければならない。
(1)正 会 員  年会費     3,000円
(2)賛助会員  年会費  一口 1,000円
(退会)
第8条 会員は、退会届を会長に提出し、任意に退会することができる。
2 会員が、次の各号のいずれかに該当するときは、退会したものとみなす。
(1)本人が死亡したとき。
(2)正当な理由なく会費を滞納し、催告を受けてもそれに応じず、納入しないとき。
(役員)
第9条 本会に次の役員を置く。
(1)理事 5人以上
(2)監事 2人
2 理事のうち、1人を会長とし、1人を副会長とする。
(選任等)
第10条 理事及び監事は、総会において正会員の中から選任する。
2 会長、副会長は、理事の互選とする。
3 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。
(職務)
第11条 会長は本会を代表し、その業務を統括する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき又は会長が欠けたときは、その職務を代行する。
3 監事は、会の業務及び財産の状況を監査する。
(顧問)
第12条 会長は、役員会の承認を経て、顧問を置くことができる。
2 顧問は、本会の事業について必要な助言を行う。
(総会)
第13条 本会の総会は、正会員を持って構成し、毎年1回開催するものとする。ただし、必要があるときは臨時に開催できるものとする。
2 総会は、以下の事項について議決する。
(1)会則の変更
(2)解散
(3)事業の変更
(4)事業報告及び収支決算
(5)事業計画及び収支予算
(6)役員の選任
(7)その他会の運営に関する重要事項
3 総会は、正会員の過半数の出席がなければ開会することができない。
4 総会の議事は、出席した正会員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
5 やむを得ない理由のため総会に出席できない正会員は、他の正会員を代理人として表決を委任することができる。
6 前項の規定により表決した正会員は、第13条第3項、第4項の適用については、総会に出席したものとみなす。
7 総会の議事については、議事録を作成しなければならない。
(役員会)
第14条 役員会は、役員をもって構成する。
2 役員会は、総会に付議すべき事項、総会の議決した事項の執行に関する事項及びその他総会の議決を要しない会務の執行に関し、議決する。
(事業報告及び収支決算)
第15条 会長は、毎事業年度終了後、速やかに、事業報告書、収支決算書を作成し、監事の監査を受け、役員会の議決を得なければならない。
(事業年度)
第16条 本会の事業年度は、4月1日に始まり翌年3月31日までとする。
(委任)
第17条 この会則に定めのない事項は、総会の議決を経て、会長が別に定める。
(変更)
第18条 この会則は、総会において、出席者の3分の2以上の承認がなければ変更できない。
附 則
1 この会則は、平成28年2月25日から施行する。
2 本会の設立当初の役員は、次に掲げる者とする。
会 長   藤本 正明
副会長   木村 庄吉
理 事   佐々木 光人
理 事   古屋 哲夫
理 事   宮地 敏浩
理 事   林  栄樹
監 事   中川 隆志
監 事   久富  海
3 本会の設立当初の役員の任期は、第10条第3項の規定にかかわらず、設立の日から平成30年5月末日までとする。
4 本会の設立当初の事業年度は、第16条の規定にかかわらず、設立の日から平成28年3月31日までとする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする